[PR] 羽毛布団 LoudSpeaker =戯言= RM Booster
  • 2017-02 ≪
  • 2017-03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  ≫ 2017-04

RM Booster

前回の記事の中で友人が話していたBooster はBSMのBoosterです。
よくよく調べてみると「レンジマスターをオリジナルに忠実に再現した〜」みたいなことが書いて有ったので、早速回路図を検索。
何種類か回路図が有りましたが、PNPトランジスタ(OC44)を使ったPositiveGround を作ることにしました。

レンジマスターは、トレブルボースターなので、使い所が限られてしまう可能性も有るので、Keeley JavaBoost がレンジマスターを基本に作られているそうなので、それを参考にする事にしました。
参考にすると言っても、定数はまんまKeeley です。



電解コンデンサ・Trim・ダイオード以外はソケットにして弄れるようにしています。
レンジ切り替えスイッチは、ON-ON-ONが高いのでON-OFF-ONを使ってコンデンサを合成しています。

完成したのが


デザインは、友人が欲しがっていてBSM を使わせて頂きました。
それと回路図ではLevel Pot が10K-A になっていますが、発注ミスで買った物が使えなかったので、手持ちの25K-Bを使っています。
フォンジャックも#12Bを注文したつもりが、実際には#12Aでした。これも手持ちの物に。


音出しはストラトでチェックしたところ、トレブルレンジはやや高音がきつい感じもしますが、耳障りでは有りません。
特にストラトだったんでそう感じたのかも知れないので、ハムバッカーなら良い感じだと思います。
まぁ〜オリジナルレンジマスターには無いトーンが付いているので、その辺は許容範囲内です。

ミッドレンジは、コンデンサーの値をいろいろ試してシングルに合う音にしました。

フルレンジは、かなり?低音が強調されます。ハムバッカーでは多少ブーミーかも知れません。試していないので何とも言えませんが・・・・・。

レベルは、11時位で原音と同じ音量で1時をすぎると歪み始めます。ただ、ギター側のボリュームを8位に下げるとクリーン音になります。

全体的にサスティーが結構益すので、気持ちよく弾ける感じです。
歪みの前でも後ろでもどちらでも使えます。

後は、友人に試奏してもらうだけなんですが、完成した後、何か会話に違和感を感じたので、渡す前にもう一度あの時の会話を思い出してみたところ、内容的にRM じゃなくてOR 何じゃないかと・・・・・。
完全に勘違いしていました。と言うより思い込んでしまいました。
大失敗です。作る前に気づけば・・・・・。

ORがどんな音がするのか分かりませんが、取り敢えずこれを試奏してもらいます。








人気Blogランキング
 参加しています。クリックをお願いします。

HOME |